忍者ブログ

yakugakubu

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

薬学部6年間での実習について

2006年から始まった6年制の薬学教育は医療薬学や医療人としての高度化をはかるカリキュラムであり、
病院や薬局といった現場での長期にわたる実務実習があるそうです。
これまでのカリキュラムだけではなく、研究能力や、問題解決力が高くなるように考えられています。
薬の専門家として社会に貢献できる人材が育てたいという思いもあるんでしょうね。
薬局や病院などからは、コミュニケーション能力や、チーム医療、アロマ等の自己研鑽などが求められてい要るのでそれらに対応できる人材が育つといいですね。
教育の中でも特徴的なものとして、先述ではありますが、実務実習があります。
これは実際に薬局や病院に行くわけですが、まずは共用試験というものを受けて、そこで一定以上の基準をクリアした人だけが実施するという流れのようです。
つまりこの試験に受からない限り先へは進めないわけで、薬学部の学生にとっては大きな壁のようですね。
また、この共用試験には、CBTという知識や問題解決能力を評価するための客観試験と、臨床の客観的臨床能力を測る試験としてOSCEという二つがあります。
実務実習も大変のようですが、この試験が結構難易度も高いようで、クリアできない学生も多いようです。
薬剤師になるって本当に大変ですよね。emoji

アロマ薬剤師にも興味がある場合はこちらも確認しておくと良いですよ。

PR
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
カテゴリー
P R
  Copyright 2017 yakugakubu All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]